ホイッスルや懐中電灯などの災害対策グッズ

旅先で災害や事故に巻き込まれる可能性はゼロではありません。最低限の持ち物しかない旅先でそのような事態に巻き込まれたとき、一人旅では危険がさらに増します。 一人旅で安心して旅行を楽しみたいのであれば、災害や事故を想定した持ち物も持っていきましょう。オススメなのがホイッスルと懐中電灯です。 ホイッスルは自分の居場所を知らせるときに便利なグッズです。災害時、ホイッスルを持っていたことで救助されたというケースは多くあります。小さいものなので、常に持ち歩くようにしておきましょう。 ホイッスルと一緒に持っておきたいのが懐中電灯です。電気が切れた場合、夜や暗い場所では視界が不明瞭となり、危険が増します。安全を確保する方法では、懐中電灯は大いに活躍します。

時計など時間を確認できるグッズ

スマートフォンの普及が増え、時間の確認は時計を使わずスマートフォンでするという方も増えています。しかしスマートフォンの充電が切れてしまったとき、時計を持ち歩かない方が時間を確認することは一気に難しくなります。例えば移動中に充電が切れてしまった場合、次の電車やバスがいつ来るか分からなくなってしまいます。近くに建物がない田舎旅や山旅では時間の確認が更に困難になります。 このような事態を防ぐためにも、一人旅の場合は時計を持っていくようにしましょう。時計があればいちいちスマートフォンを取り出す必要もないので、素早く時間確認ができます。時間の確認にスマートフォンを使う頻度も減り充電の節約にもなるので一石二鳥です。